スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
  • そもそも、カラヤンの録音ツギハギ伝説はどこから来たんだろうね。

    -++ヘルベルト・フォン・カラヤン++-Nr.36
    クラシック[作]2011-11-06 22:42
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1320586953/l50

    925 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/23(木) 23:23:23.39 ID:vy7i/RoP [1/1回発言]
    カラヤンの家庭交響曲って確か最後近くでトランペットが1ヶ所だけ音をはずしてるんだよね。
    なぜあれほどのミスをそのままリリースしたのかずっと不思議だったんだけど、
    もしかして録り直してる暇がなかったのかね
    929 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/24(金) 21:10:21.94 ID:sk/E46vt [1/1回発言]
    >>925
    カラヤンの録音はつぎはぎ編集だらけでミスを補っているというイメージを持たれがちだけど、
    実際は多くの場合、流れ重視で少々のミスは気にしなかったらしい。

    ミスしたり演奏に満足しなかった団員からリテイクをお願いされても、
    「今ので大丈夫だから。」ってことも多かったそうな。


    930 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/24(金) 21:47:43.22 ID:Nx8cz3ay [1/1回発言]
    71年の悲愴の三楽章は途中につないだ形跡がないんだよな。

    一発録りとは思えない完成度。

    931 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/24(金) 22:16:27.99 ID:HJg8e0cn [1/1回発言]
    あの家庭交響曲のミスなんてわざわざ金かけて録り直すほどのミスでもなかろう。
    カラヤンに限らずミスをそのままにしているディスクなんてたくさんある。

    カラヤンだと、リストのレプレなんて、コーダあたりでぐちゃぐちゃになってるし
    プロコの5番でもラッパが派手にこけてるぞw

    937 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 11:04:22.24 ID:lxCAl/2k [1/1回発言]
    >>931

    リストの前奏曲のコーダがグシャグシャって、最後の録音、その前の
    どちらですか?

    プロコの5番は1楽章始まってすぐに、ヴァイオリンが出を間違えている
    箇所があり、スコアを見ながら聴いているとすぐ分かるw

    こういうのは指揮者の責任というよりは、録音現場のディレクターか
    テープ編集をしたエンジニアの責任だと思うが。

    ベルリンフィルだろうがウィーンフィルだろうが、間違えたり落ちたりするわけで。
    最後の来日の展覧会の絵は、思いっきりズッコケたがwww

    944 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 22:56:49.17 ID:WfVsj2ic [1/1回発言]
    >リストの前奏曲のコーダがグシャグシャって、最後の録音、その前の
    どちらですか?

    60年代の古いほう。
    ラッパのファンファーレが出る直前、弦楽器が崩壊している。

    エンジニアの問題もあろうが、カラヤンのチェックは入っているはずだから
    カラヤンの目のつむれる範囲内ということだろうな。

    934 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 00:03:43.64 ID:iMTuT1x+ [1/1回発言]
    >>929
    カラヤンのこういう流れ重視の姿勢は好きだわ。あんまりテンポはいじくらないし、
    クレッシェンドの効果を狙ってメロディ途中でいきなりわざとらしく
    音をしぼったりということもそんなにやらかしてないはず。あくまで自然体。
    おかげでストレス無く安心して聴ける。

    935 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 05:03:58.89 ID:virbYdc1 [1/1回発言]
    激しく同意

    936 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 10:30:32.69 ID:R9WBnh52 [1/1回発言]
    そもそも、カラヤンの録音ツギハギ伝説はどこから来たんだろうね。
    コンマスの安永さんあたりは、

    「カラヤンはいわれるほどツギハギではないし、むしろ演奏がよければ
    ミスを放置する」と、明確に否定していたし。

    ちなみに、家庭交響曲のフィナーレのトランペットのミスは素人のおれでも
    「あれ?」と気づくレベル。もっとも、家庭交響曲のフィナーレ、特に3分すぎ
    ペットのオクターブ跳躍連発は難易度高そうなところではあるよね。

    家庭交響曲はフィナーレに関する限り、ライブ的な盛り上がりが圧倒的で
    おそらく時間的な制約というよりは、芸術的な見地からそのまま
    敢えてリリースしたような気がする。

    939 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 13:08:22.71 ID:k46IMUD8 [1/1回発言]
    特に80年代は、流れ重視の一発録りが多くなったと聞く。

    940 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 13:45:03.97 ID:JHq5iJzQ [1/2回発言]
    画像連動が増えてきたからね。

    942 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/25(土) 20:47:04.16 ID:z8EN3d7x [1/1回発言]
    どの盤のCDだっけ、ホルストの木星だってオケが崩れかけているけど
    勢いがあるから出来が良いんだろね。

    953 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/26(日) 18:03:12.94 ID:BT62gafT [1/1回発言]
    >>929
    80年代の第九のテノールソロの後の合奏の乱れとか
    同じく80年代のモーツァルトの大ミサ曲での三重唱で
    シュライアーが遅れているところとか普通なら録り直しするところだよね

    955 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/27(月) 18:15:08.12 ID:Ofp+cu/L [1/1回発言]
    音程やリズムがズレるってのは
    素人が聴いてもすぐわかるから。

    956 : 名無しの笛の踊り : 2012/02/27(月) 23:07:02.39 ID:inv0fTWj [1/1回発言]
    素人でもわかるのをあえて直さなかったカラヤンはさすがだ
    何が本当に大事なことかよく分かっていたのだ。
  • |はてなブックマーク - そもそも、カラヤンの録音ツギハギ伝説はどこから来たんだろうね。
    [ 2012/03/04 12:57 ] 指揮者 カラヤン | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://classicmn.blog.fc2.com/tb.php/12-ac02aec7











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。