スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
  • ららら♪クラシック 別所哲也が語るアシュケナージの魅力

    ららら♪クラシック 番組案内。7月30日分。

    N響桂冠指揮者のウラディーミル・アシュケナージ指揮によるチャイコフスキーの交響曲第4番全曲。スタジオゲストは、少年時代、ピアニスト、指揮者にあこがれたという俳優の別所哲也さん。

    公式サイト
    http://www.nhk.or.jp/lalala/next.html

    らららクラシック
    クラシック[作]2012-02-18 22:44
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1329572699/


    721 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/28(土) 22:59:21.64 ID:Ji5VkdF9 [1/1回発言]
    クラシック音楽の初心者向の番組であればなおさら、
    クラシックを熟知した司会者が進行すべき。
    視聴者と同レベルの素人を進行役にしたのが間違い。
    気づけよ、NHK。

    723 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 03:49:40.61 ID:czZiVZ5b [1/1回発言]
    >>721
    同意。
    たとえば「ヴァントのベートヴェン5番」の素晴らしさでなくて、
    まず「ベートーヴェン5番の素晴らしさ」を語れる人がいなければ、
    初心者向けの番組は成立しない。
    なのにイラは「僕はクライバー・ウィーンフィルのが好きですねぇ」
    なんて的はずれなコメント。
    そういうのは初心者卒業してからでいいんだよ。


    724 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 07:40:11.29 ID:ygxfAExo [1/2回発言]
    素直じゃない奴らだなw
    クライバーって誰?なんてのは
    分からなければ聞き流せばいいし
    気になればググればいい
    きっかけや入口をちりばめて
    あとは視聴者に任せてもいいだろ


    725 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 08:18:09.11 ID:VwoFXVko [1/1回発言]
    >>723
    >まず「ベートーヴェン5番の素晴らしさ」を語れる人がいなければ、
    >初心者向けの番組は成立しない。

    そうか?
    「この曲は♪タタタタンというフレーズだけで構成されていて...」
    なんてのを初心者が聞いて面白く感じるとは思えないんだけど。

    理屈はわからないけど「クライバーのベト5はいいね」って言っているのが
    初心者なんであって、その目線での発言は必要だと思うよ。

    726 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 10:39:39.55 ID:ygxfAExo [2/2回発言]
    >>725
    それ音楽の時間に聞いたぜ
    というのはあると思う
    てか俺は聞いたw

    727 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 11:02:55.22 ID:hvRpZId6 [1/2回発言]
    普通ポップスの番組は音楽の分析とかやらないけど番組は成立してるだろ?
    この番組はそういう線を狙ってるんじやないかな?

    728 : 名無しの笛の踊り : 2012/07/29(日) 11:11:36.51 ID:hvRpZId6 [2/2回発言]
    つまり初心者向けとか上級者を育てるとかそういうのとは全くコンセプトが違うんだろうね
    生活の中でカジュアルにクラシックを楽しもうみたいな
    クラシックを流しながら仕事してる石田はいいキャスティングじゃないか

  • |はてなブックマーク - ららら♪クラシック 別所哲也が語るアシュケナージの魅力
    [ 2012/07/29 11:27 ] クラシック音楽番組 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://classicmn.blog.fc2.com/tb.php/169-e1ff27a9











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。