スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • |はてなブックマーク - スポンサーサイト
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
  • ブルーノ・ワルター シューベルト第5番、未完成

    交響曲第8番『未完成』、第5番 ワルター&ニューヨーク・フィル、コロンビア響(1958、60)(平林直哉復刻)

    ワルターのオープンリール・テープ復刻第9弾。

    ブルーノ・ワルターPart4
    クラシック[作]2011-07-21 00:58
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1311177531/

    6: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 07:23:46.44 ID:iAiaIt++

    ワルターの知名度を上げたのはコーホーの功績が大きいといえよう


    20: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 23:19:22.90 ID:+MTAyuv1

    >>6
    別にコーホーがいなくても既にワルターは世界的に超有名な巨匠指揮者だった。

    ただ、あなたにとってはコーホーがいなければワルターを知る機会が無かったという事なんでしょうね。


    7: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 08:38:46.84 ID:TNqqGoMt

    ワルターのステレオはどれも凡演ばかり


    9: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 09:28:24.11 ID:40RMT+RG

    宇野がいてもいなくてもワルターはステレオ録音していた。


    10: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 09:54:50.15 ID:8R8RKF9F

    そりゃそうだ。


    12: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 10:21:06.12 ID:l61Nn2f7

    「いえよう」文体はもう飽きた。
    宇野の文章を二度と見たくない気分。

    マヂレスすれば、
    ワルターの演奏スタイルは(特にステレオ)
    今では誰もしないスタイルだし、オケも個性的に鳴ってると思うので、
    かえって現代にアッピールする可能性はあるんじゃないか?
    なんて思うがどうだろう。


    13: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 10:25:41.88 ID:uzEs/R1a

    ワルターの演奏スタイルはチャーミングの極みといえよう。


    14: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 11:08:37.50 ID:U4hYC3fx

    でも命を懸けた遊びが足らない点が残念といえよう


    15: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 15:12:03.36 ID:OXgPLF/F

    コロムビア響とのステレオは安全運転に心がけた演奏といえよう
    全体に精神面の心がこもってないといえよう


    19: 名無しの笛の踊り 2011/07/21(木) 21:37:15.43 ID:40RMT+RG

    ソニークラシカルジャパンは宇野の
    影響力をある程度考慮してるかも
    しれないが、欧米の人たちは宇野の
    ことなんか知らないだろ。売れる
    から出す、聴きたいから買う、ただ
    それだけだ。


    22: 名無しの笛の踊り 2011/07/22(金) 03:44:39.74 ID:8wf3794I

    コロムビア響のアンサンブルの悪さはいただけない
    よくあんなヘッポコオケで録音をしたもんだ


    23: 名無しの笛の踊り 2011/07/22(金) 07:13:54.80 ID:LCImlfkH

    コロムビア響は寄せ集めの臨時オケだからね
    音はそのまんまアメリカ的で独墺系の響きは出せなかった


    29: 名無しの笛の踊り 2011/07/22(金) 09:58:16.81 ID:ggZdteea

    マジレスで申し訳ないが
    俺は、
    アメリカ東海岸の伝統のない人々のオケと、
    ワルターの指揮との組み合わせに価値観を感じている。
    「自分たちはこうやってきた。だからこう演奏する」のオケと、
    「伝統的な演奏法よくは知らない。だから指揮者の言うことは良く聞こう」とでは
    かなり違うのだろうな。ドイツ圏から逃げてきた奏者もいたのだろう。
    後者に価値観感じない人もいるだろうが、
    趣味の鑑賞、気軽に好きにやろう。




    【収録情報】
    シューベルト:
    ・交響曲第5番変ロ長調 D.485
     コロンビア交響楽団
     録音時期:1960年2月26,29日
     録音場所:カリフォルニア、アメリカン・リージュン・ホール

    ・交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』
     ニューヨーク・フィルハーモニック
     録音時期:1958年3月3日
     録音場所:ニューヨーク、セント・ジョージ・ホテル

     ブルーノ・ワルター(指揮)

     録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
     使用音源:Columbia (U.S.A.) MQ 391(オープンリール・テープ、4トラック、19センチ)

    シューベルト : 交響曲第5番&第8番「未完成」 (Franz Schubert : Symphonies No.5 & No.8 ''Unfinished'' / Bruno Walter, Columbia Symphony Orchestra, New York Philharmonic)

  • |はてなブックマーク - ブルーノ・ワルター シューベルト第5番、未完成
    [ 2012/10/21 17:31 ] 指揮者 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://classicmn.blog.fc2.com/tb.php/213-dd42c61b











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。