ベートーヴェン 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952)SACD

フルトヴェングラーの1952年2月3日録音の「第九」がSACD化。今回新たなマスタリングでTahraがSACD化。

フルトヴェングラーの「第九」といえば、1951年の「バイロイトの第九」が有名ですが、この1952年2月3日録音も名演と言われているとか。

「第一楽章開始の遅いテンポと間合いを十二分にとった重々しい表現はバイロイト盤を凌ぎ、(中略)強靭に踏みしめてゆくフーガもすばらしいし、楽章終結のティンパニも壮絶に鳴っている。もう一カ所、印象的なのが第三楽章の第二主題で、音量を強く出し、遅いテンポでじっくりと歌ってゆく美しさは、フルトヴェングラーの演奏でもベストの一つといえよう。」宇野功芳著 『フルトヴェングラーの全名演名盤』より

フルトヴェングラーのディスク音質比較スレ 12
クラシック[作]2011-11-17 14:35
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/classical/1321508150/l50

367 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/20(水) 20:59:04.31 ID:G56fjg99 [1/1]
>>365
モノ音源をブライトクランクにしてしまうソフトってないかな

368 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/20(水) 23:18:02.07 ID:63JL2xAH [1/1]
モノステコンバーターでググれ

369 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/21(木) 13:04:17.82 ID:eL6OA3NA [1/1]
>>367
ある特定のAVアンプのサラウンド機能を使用すればブライトクランクのような音になる

370 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/21(木) 22:04:40.94 ID:7KfxQmSC [1/1]
極端な話、左右のスピーカーの大きさを変えれば
音の届く速さが変わってステレオ的な広がりが出る

371 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/22(金) 10:45:06.79 ID:sv8tB8yu [1/2]
速さよりもっと別の要因だと思う。ていうか速さは変わらない。

372 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/22(金) 22:40:48.82 ID:d44jhvlG [1/1]
届く速さというより、出る速さが変わるな

373 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/22(金) 22:48:12.90 ID:sv8tB8yu [2/2]
ホーン型で開口部までの長さが変わるんならね。
それより左右の周波数特性の不均一性でステレオっぽくなるというのならわかる。

374 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/22(金) 23:05:50.36 ID:61YVfZQJ [1/1]
ブライトクランクはアナログ処理だったんだろうから、どういうふうにやってたのかね。
調べてもわかんないな。
Deccaにも名前は忘れたが疑似ステがあって、EclipseラベルのLPで出たたなあ、

375 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 08:04:46.05 ID:SPX9mNmO [1/1]
>>370
同じスピーカーでも
アッテネータを両極端に変えればいいじゃん。
アメリカ配置になっちゃうけどね

376 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 19:41:53.54 ID:mHR9qDal [1/1]
アナログの初期盤の輸入盤が一番いいと結論が出てるが、
それらは今や値が高く、我らには手が届かんからここでは対象外。

CDだと、最初にでたCDが一番いいよ。
52年のエロイカスタジオ録音なら、東芝のCC35-3161

90年代以降はマスターの経年劣化もあるだろうけろ
変にいじくって音が悪くなってる。

あとは好みの問題だな。

377 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 21:44:55.15 ID:WNlInXIQ [1/1]
ちなみにグランパルティータのTOCE-6059の音質はどんなもんだろ?
中古屋で見つけて購入検討中なんだけど。

378 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 21:52:30.72 ID:UrLJDkra [1/1]
自分は聴いてすぐ手放したけどね

379 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 21:55:06.06 ID:jgxBtf+5 [1/1]
>>376
さういう説をネットで見たからわざわざCC35-3161をヤフオクで落としたが、
はっきりいって期待外れもいいとこだった。

380 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 22:09:49.20 ID:+6SGqigY [1/1]
LP用のマスターテープからのCD化だろうから元のLPには近いはずだけどね。
LP以上の音を求めるのなら期待はずれかもね。

381 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 22:32:10.48 ID:1/b6el/v [1/1]
>>379
当たり前じゃん。
若干ステレオプレゼンスを掛けて、音を丸くして聞きやすくして
いるだけだからね。
音のエネルギーが均一化されてしまっていて詰まらないんだよ。

382 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/23(土) 23:54:17.54 ID:Ko+Lb/x0 [1/1]
いじってない云々言う奴がいるけど
アナログ末期のノリでいい加減なリマスタがされているというオチ

383 : 名無しの笛の踊り : 2012/06/24(日) 00:27:30.39 ID:O00pU0KH [1/4]
素直にSACDを買っておげはいいじゃん。


【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)
 ロゼッテ・アンダイ(アルト)
 ユリウス・パツァーク(テノール)
 アルフレート・ペル(バス)
 ウィーン・ジングアカデミー合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1952年2月3日
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD MONO/ SACD MONO

ベートーヴェン: 交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱つき」 (Ludwig van Beethoven : Symphony No 9 - Choral Symphony, 3.II.1952 / Wilhelm Furtwangler, Wiener Philharmoniker) [SACD Hybrid] [輸入盤] [Hybrid SACD]
発売予定日は2012年11月30日

  • |はてなブックマーク - ベートーヴェン 交響曲第9番『合唱』 フルトヴェングラー&ウィーン・フィル(1952)SACD

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://classicmn.blog.fc2.com/tb.php/219-4eca0a05