辻井伸行さんが英音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールで公演、6000人の聴衆から拍手喝采

引用元: 【音楽】辻井伸行さんが英音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールで公演、6000人の聴衆から拍手喝采

1: 禿の月φ ★ 2013/07/18 07:01:35

新進ピアニストの辻井伸行さん(24)が16日
(日本時間17日)、英国の音楽の殿堂といわれる
ロンドン中心部のロイヤル・アルバート・ホールで公演した。

英BBC放送の主催で毎年夏に約2カ月間行われる
世界最大規模のクラシック音楽の祭典「プロムス」に招かれ出演。

ロンドンでの公演は昨年5月に続き2回目で
「このホールで演奏できるのは光栄なこと」と話した。

辻井さんは生まれつき目が見えず、09年のバン・クライバーン
国際ピアノコンクールでの優勝をきっかけに脚光を浴びた。

共同電によると、この日は同コンクール決勝でも弾いた
得意曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。
約6000人の聴衆から拍手喝采を受けた。

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/18/kiji/K20130718006241770.html
画像:16日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで演奏する辻井伸行さん
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/07/18/jpeg/G20130718006239920_view.jpg



19: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 08:23:58 ID:V1PflkyF0

>>1
>得意曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏

この曲って、「のだめ」で有名な曲だよな。
→ 

http://www.youtube.com/watch?v=dYo1cFg3aRU



3: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 07:03:34 ID:upup17TC0

ロイヤル・アパートかと思った


10: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 07:28:35 ID:iXcebDnIO

この人は健常者だったら評価されてた?

目が見えないわりには凄いって評価?どっちなの


16: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 07:49:44 ID:wwbwNjo00

>>10
目が見えないハンデは確実に演奏に現れている。
だから、目が見えないわりには凄いって評価。

パラリンピックなら断トツで金メダルだけど、
オリンピックなら予選落ち。
日本人でもっと上手いのはゴロゴロいるから、日本代表として参加すら出来ないと言う人もいるけど、
一応、ショパン国際ピアノコンクール出場で、2次予選敗退だった。


http://www.youtube.com/watch?v=BRf5b_koSC0



25: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 08:51:41 ID:+skEJdSP0

>>16>>22
どっちやねん


32: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 09:41:31 ID:eBdmskViO

>>25
ショパン国際ピアノコンクールはテクニカルだわ
当時の辻井伸行のようなミスタッチが比較的多いピアニストには優勝なんて出来ない
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは違うわな
2009年の優勝者が辻井伸行とチャン・ハオチェンだったのはテクニカルな才能は中国人、個性的な才能は日本人って事なんだろうよ
まぁ、中村 紘子みたいなテクニカルなピアニストや音楽を愛する演奏家は腐る程いるが、音楽の神から祝福を受けた演奏家は稀だって話し
何を弾いても一発でフジコ・ヘミングなのは、それが類い希な祝福を受けたピアニストだという証だろう
まぁ、辻井伸行がこの先どちらになるかなんて知らん


44: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 10:32:01 ID:+skEJdSP0

>>32
門外漢にも判り易い解説乙
志ん生型でも文楽型でも、まあ、どっちでもいいから
辻井くんが芸術家として大成してもらいたい


82: 名無しさん@恐縮です 2013/07/19 08:52:28 ID:wyogH4E10

>>25
>>16だな。
>>22>>32をみてもわかるように
ちよっと的外れなこと言ってます。
カンパネラなんてそんなにクソ難しくないし
(まともな音大生はもちろん
国際コン出るような連中は平気で弾ける)
フジコがなんちゃら言ってる時点で眉唾度満点。


21: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 08:39:18 ID:BJnQ1rxb0

この人、ピアノの才能は実際どうなの?
全盲なのにここまで弾けるのは凄いっていうレベル?
それとも目は関係なく純粋に凄いの?


84: 名無しさん@恐縮です 2013/07/19 09:03:30 ID:wyogH4E10

>>30
とにかくね、辻井の演奏には膨大なコストかかるんよ。

ボランティアとはいえ、点字楽譜起こす人が2~3人は必要だし、
コンサートなんかは全行程必ず事務所スタッフが同行しなきゃならんし。
そのコストをみんな回収しようとするから
えーべっくすに入って曲芸に磨きをかけるなんてことになる。
音楽の良心を守っていたら盲人は暮らしていけない。

同じ全盲ピアニストとしては梯君の方が
断然優れてるけど、良心守ってるから
売れない。お前ら知らないだろ?梯君の存在。


31: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 09:24:37 ID:/PBRkoZH0

>>26
楽譜が読めない
指揮が見えない
だけでも確実に不利だよね、だからこその賞賛でもあるわけで


45: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 10:32:35 ID:i/sh1zxm0

この人の明るい音楽性は好きだけどな


48: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 11:09:20 ID:o7CzARA50

音楽の中でテクニックの要素が占める割合って
このレベルになるとどんどん小さくなってくるね。

芸術性音楽性人間性世界観とかの要素が
はるかに大きい。


57: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 18:55:21 ID:fwPXz8K90

音楽をサーカスと比べたり勘違いするのは
必ずいるんだよ。


58: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 19:49:14 ID:tV68cvR80!

プロムスの演奏をBBCのラジオで聴いたけど、コンクールの時より、技術的にすごい上達してんじゃん。
ラフマニノフも、アンコールのラ・カンパネラも。もう「目が見えないわりには凄い」じゃないと思う。
コンクールでも、その将来性を評価されたんじゃないの?
性格が明るいから曲想など大雑把かもしれないけど、これから変わっていくだろうし、
技術的にも大雑把かもしれないけど、他の人にないある種の技術を持ってると思う。小さい時から。


72: 名無しさん@恐縮です 2013/07/18 23:38:33 ID:yGB+qj0V0

ほう、ロイヤルアルバートホールで向こうの観客のみで単独公演したか、認めよう
日本のロックバンドも、同様な偉業達成したら認めてやるよ


86: 名無しさん@恐縮です 2013/07/19 12:51:09 ID:mHI+YNQtO

とにかく知名度を上げて演奏家として成功するためには、
芸術性以外の人目を引く何かが必要なのかの?
その点は辻井くんはランランの顔芸やファジル・サイに負けない存在はあるよ。
そういえば、去年の日本音楽コンクールのピアノ部門でも素晴らしい顔芸の人が何人かいたね。
流行ってるのかな?


90: 名無しさん@恐縮です 2013/07/19 18:28:32 ID:WFUj2eeU0!

ランランの顔芸はむしろアンチを増やすだけでしょ?
YouTubeのコメント見たら、「顔の表情さえなければ」て人たくさんいるわ。
その欠点があっても聴きたいほどのテクニックや演奏ということでしょ?


  • |はてなブックマーク - 辻井伸行さんが英音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールで公演、6000人の聴衆から拍手喝采
    [ 2013/07/19 22:36 ] クラシック音楽ニュース | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://classicmn.blog.fc2.com/tb.php/276-cd87baca